ダイエット記録

【ダイエット体験記】約半年で25kgダイエットした方法①「ゆるい糖質制限」!

こんばんは

くちなしです。

先日の記事でダイエットの継続するコツをご紹介しました。

【ダイエット体験記】ダイエットの継続するコツ「①ダイエットに関する情報に多く触れよう」!!

こんばんは くちなしです。 先日の記事で約半年で25kg痩せた時の体重の変化をお伝えしました。 ダイエット具体的な方法の前に、ダイエットを継続した「コツ」について解説します。   くちなし ...

続きを見る

【ダイエット体験記】ダイエットの継続するコツ「②毎日記録する」!!

こんばんは くちなしです。 以前の記事でダイエットを私が約半年で25kg減量した方法で、ダイエットを継続するコツを紹介しました。   再び書くと、ダイエット続けるために私は以下のことをしまし ...

続きを見る

 

ダイエット続けるためのコツ

  1. ダイエットに関する情報に多く触れる
  2. 毎日記録する

今回は具体的に何をしたのかをご紹介します。

 

くちなしのダイエット

私の取り組んだダイエットは以下のとおりです。

くちなしのダイエット

  1. 食事制限(ゆるい糖質制限)
  2. 運動
    1. 筋トレ
    2. 有酸素運動

結局ダイエットするには食事制限と運動を併用するのが王道です。

これ以外の方法では、ダイエットすることは出来ません。

一時的に痩せたとしても、すぐにリバウンドしていまいます。

くちなし
つらいけど一番効果があります。

 

この記事では食事制限(ゆるい糖質制限)について解説します。

 

 

食事制限(ゆるい糖質制限)

先日の記事でも書いたとおり、私は食事の記録には挫折しました。

そのため正確な糖質量は把握していませんが、以下のルールでゆるい糖質制限を実施しました。

ダイエットは成功したので、効果はあったと思います。

ゆるい糖質制限のルール

  1. 米、パン、麺類、芋などの炭水化物は食べない
  2. お菓子、果物ジュースなどは食べない
  3. タレより塩を選ぶ
  4. タンパク質多めのもの(肉、魚、大豆、乳製品)などを積極的に食べる
  5. ただし、友人との食事等では遠慮せず何でも食べる(2週間~1ヶ月に1回)

 

そこまで特殊な糖質制限はありません。炭水化物を避けて、タンパク質を食べることを意識していました。

日本人の食事は、炭水化物が多め、タンパク質が少なめなので、これくらいのルールでも、炭水化物が完全に摂取出来なくなることはまず有りません。

最後のはチートデイというものです。

食事制限を続けていると、体が省エネモードになるので、それを防止する効果があると言われていますが、

また、たまにどか思う存分どか食いできるので、それを楽しみに糖質制限を続けているといるモチベーション保持の効果の方が大きかったと思います。

 

昔くちなし
空腹はなかなか我慢ができません。
辛くないから継続しやすいよ
くちなし

 

 

1日の食事メニュー例

私の食事メニューの一例です。

朝食

  • きな粉牛乳
  • インスタント味噌汁

昼食

  • サバ缶(水煮)
  • インスタント味噌汁

完食

  • アーモンド
  • 6Pチーズ
  • コーヒー
  • 緑茶

夕食

  • 肉料理(ステーキ)
  • 味噌汁
  • きな粉牛乳

夜食

  • プレーンヨーグルト

 

ポイントとなる食品をご紹介します。

きな粉牛乳

きな粉 20gと牛乳200mlを混ぜたものです。

きな粉牛乳の栄養素

カロリー:219kcal

タンパク質:13.8g

炭水化物:15.8g

脂質:12.2g

きな粉はプロテインに比べて安価に手に入るので、手軽なタンパク質として重宝します。

私は業務スーパーで、200gで80円程度のものを購入していました。

腹持ちもいいのでおすすめですが、炭水化物も少し多いので注意が必要です。

 

味噌汁

インスタント味噌汁を常備していました。

空腹時に味噌汁飲むと意外と腹が膨れます。

空腹時の対策としておすすめです。

 

サバ缶

最近話題になっているので、食べている人も多いかと思います。

手軽に食べれて、タンパク質も豊富なので重宝します。

ただ、味噌煮や醤油煮には炭水化物も多いのでご注意を。

ダイエット目的ならば、水煮がオススメです。

 

 

ゆるい糖質制限のメリット・デメリット

ゆるい糖質制限のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

  • そこまで空腹にならないので辛くない
  • 肉や魚を思う存分食べれる

ゆるい糖質制限をしていると、意外と空腹になりません。

空腹になったとしても、炭水化物が少ない食品ならば沢山食べても問題ありませんので、すぐに空腹ではなくなります。

空腹を我慢しなくていいので、そこまで辛くなく継続しやすいです。

肉や魚など、食べ応えのあるものを沢山食べても問題ないので、食事の満足感も高いです。

 

デメリット

  • メニューが限られる
    • 外食の選択肢がかなり限られる
  • 食費がかかる

ゆるい糖質制限していると、食べれるものが限られるため、同じものばかり食べるようになります。

自炊するのであれば、多少はいろんなバリエーションがあるのですが、外食時はステーキや焼肉など肉を焼いたものばかりでした。

 

あと、食費がかかるようになります。

米やパンや麺類は安く沢山買えますが、肉や魚はどうしても高くなりがちです。

私は業務スーパーで安い肉や魚を仕入れて調理していました。

昔くちなし
食費がかかるのは困る…
安いスーパーや特売を利用しよう!
ぬこ

 

 

まとめ

ゆるい糖質制限のルール

  • 米、パン、麺類、芋などの炭水化物は食べない
  • お菓子、果物ジュースなどは食べない
  • タレより塩を選ぶ
  • タンパク質多めのもの(肉、魚、大豆、乳製品)などを積極的に食べる
  • ただし、友人との食事等では遠慮せず何でも食べる(2週間~1ヶ月に1回)

ゆるい糖質制限のメリット

  • そこまで空腹にならないので辛くない
  • 肉や魚を思う存分食べれる

ゆるい糖質制限のデメリット

  • メニューが限られる
  • 食費がかかる

 

 

-ダイエット記録
-

Copyright© くちなしダイエット , 2020 All Rights Reserved.